島田紳助氏司会「女神のアンテナ」監修



無料相談・秘密厳守・24時間以内の回答


離婚や不倫に関する慰謝料などの問題に代表行政書士 田中圭吾が再現VTRの監修と解説を行いました。(2007年11月19日テレビ朝日にて放映)




 問題1 離婚の財産分与に関してどっちが妻にとってお得か?


 
A 結婚前に夫が建てた資産価値5000万円、ローン残高0円の家


 
B 結婚後に夫が建てた資産価値5000万円、ローン残高2000万円の家


 
正解→ B 共有財産か固有財産かがポイント
       Aは夫の固有財産なので財産分与の対象にならない




 問題2 離婚の財産分与に関してどっちが妻にとってお得か?


 A 結婚期間中に1000万円の遺産相続をした夫


 B 結婚期間中に自宅が火事になり1000万円の保険金を受け取った夫


 正解→ B 共通の財産への保険金は共有財産となり財産分与の対象
       遺産相続は夫の固有財産




 問題3 離婚後、妻が請求できるのはどっちか?


 A 離婚してから3年後に定年した元夫が受け取った退職金3000万円


 B 離婚した翌日に元夫が当てた宝くじ3000万円


 正解→ A ポイントは予定されていたかどうか




 問題4 浮気の慰謝料、妻が夫から多くもらえるのはどっちか?


 A 2年前に終わった1ヶ月間の浮気


 B 4年前に終わった10年間の浮気


 正解→ A 慰謝料の時効は3年なのでBは時効





 問題5 浮気の慰謝料、妻が夫から多くもらえるのはどっちか?


 A 不倫期間1年、不貞行為3回の浮気


 B 不倫期間3年、不貞行為1回の浮気


 正解→ A 2回以上の不貞行為は継続性があるとみなされる





[関連ブログ]


監修したテレビ番組放送の反響 (2007年11月21日)


TV番組の離婚に関する法律問題を監修・明日放送予定 (2007年11月18日)

生稲晃子さんと対談





2009年3月28日


全国企業レポート「日本が元気です」


内容:当事務所の業務である不倫相談や契約書作成についてインタビュー


[関連ブログ]



生稲晃子さんと対談しました。 (2009年3月30日)



浮気に全く同じパターンはありません。
ですが、大まかに分けると次の二つの相談が多いです。




問い合わせ

 オフィスライト行政書士田中法務事務所
 106-0045 東京都港区麻布十番2-8-12-802 TEL 03-6453-9692
 代表行政書士 田中圭吾 携帯 090-7968-4802


 ライトインターナショナルLLC
  代表者 田中圭吾
 〒530-0012 大阪市北区芝田2-5-14 TEL 06-6377-1823


「浮気慰謝料問い合わせメール」 ← 浮気のご相談はこちらへ


または次のメールへ 
  right%international.jp(送る際は%を@にして送信して下さい。)