W不倫(ダブル不倫)と慰謝料

既婚をしているものが、同様に既婚をしているものと浮気、不倫をすることを一般的にダブル不倫(W不倫)と呼びます。


具体的には、妻Bと夫Cが浮気交際をしている場合、下記の相関図となります。

夫A − 妻B  ⇔   夫C − 妻D
         交際



この場合、夫Aは夫Cに対して慰謝料を請求することができます。
また、妻Dは妻Bに対して慰謝料を請求することができます。


このとき、基本的に請求は個別の請求となります。
浮気の慰謝料は、交際の経緯や支払う側の資力によっても変わりますから、それぞれの慰謝料の額が同じになるとは限りません。
ですので、相殺という考え方ではありません。
ただ、現実には相殺をすることもありますし、相殺後、より責任の大きい方が差額を支払うということもあります。


無料相談・秘密厳守・24時間以内の回答


W不倫(ダブル不倫)で離婚する場合

ダブル不倫(W不倫)で離婚しない場合は、前述のような慰謝料請求となりますが、離婚する場合は、下記の慰謝料請求も発生します。


つまり、夫Cと妻Dが離婚する場合、妻Dは妻Bに慰謝料請求できると同時に夫Cに対しても離婚の慰謝料を請求できます。
更に言えば、離婚をしなくても妻Dは夫Cに慰謝料を請求できます。
ですが、通常、家計は一つですからこのようなケースはまれです。


よって、ダブル不倫による離婚の場合、浮気をした夫Cは夫Aにも妻Dにも慰謝料の支払い義務が発生することになるのです。

W不倫(ダブル不倫)の慰謝料の相場

前述の相関図のようにお互いが請求し合う場合、完全に同額として相殺する場合もあります。
また、責任の度合いによって差額を支払うケースもあります。


または、一方の配偶者には発覚したが、もう一方の配偶者には発覚していないケースもあります。
この場合は、通常の浮気の慰謝料と同じであるという考え方に基づき、ほぼ同様な額になることが多いです。
慰謝料の範囲としては、50万円から300万円の間が多いです。


「不倫慰謝料ネット」


ダブル不倫(W不倫)の慰謝料について問題が起こった場合、できるだけ早く当事務所に相談してください。




問い合わせ

オフィスライト行政書士田中法務事務所
 106-0045 東京都港区麻布十番2-8-12-802 TEL 03-6453-9692
 代表行政書士 田中圭吾 携帯 090-7968-4802


ライトインターナショナルLLC  代表者 田中圭吾
 〒530-0012 大阪市北区芝田2-5-14 TEL 06-6377-1823


「浮気慰謝料問い合わせメール」 ← 浮気のご相談はこちらへ


または次のメールへ 
  right%international.jp(送る際は%を@にして送信して下さい。)