婚約破棄・内縁破棄と慰謝料

婚約や内縁関係にある一方が、正当な理由がないにも関わらず、婚約や内縁関係を破棄した場合、他方に対して損害を賠償する義務があります。
正当な理由のない婚約破棄や内縁破棄をされた場合は、早急に当事務所に相談してください。


無料相談・秘密厳守・24時間以内の回答


婚約破棄と慰謝料

結婚の約束を解消することを婚約破棄、または婚約解消と言います。
この婚約を正当な事由なく不当に婚約を破棄された場合、慰謝料請求が可能です。


この場合、まずは実際に婚約が成立していたかどうかということが問題になります。


婚約は誠意をもって婚姻の約束をすることで、特に結納などの形式を必要としません。
ですが、どのような場面でなされた合意でも全て婚約と認められるわけではありません。
単なる同棲は婚約ではありませんし、一方的な結婚の申し込みも婚約とは言えません。
最終的には、婚約破棄されたときに、保護されるべき権利があるかどうかによります。
ですので、婚約の成立について争いが生じた場合、結納や婚約指輪の授受、結婚式場の予約、親の紹介などの形式があることが重要となります。


また、婚約破棄の時期が、結納後である場合、結納金の返還という問題が生じます。
婚約指輪を送っていれば、婚約指輪の返還ということもあります。
ですが、いずれも送った側に婚約破棄の原因がある場合は、返還の主張が通らないことも当然あります。


そして、婚約破棄の原因が正当な理由かどうかが重要な問題です。


例えば、婚約中に一方が浮気をして不貞行為を行った場合、他方が婚約を破棄するのに正当な理由があると言えます。
この場合、結納金や指輪を送っていれば返還を要求できるでしょうし、婚約相手に浮気の慰謝料を請求することも可能でしょう。
または、婚約中に一方が他に好きな人ができたので婚約を破棄したいと申し出た場合などは、婚約破棄の原因として正当性があるとは言えません。
このような正当な事由がない場合は、不当に婚約を破棄したといえますので、慰謝料などの損害賠償の責任が生じます。


婚約破棄の慰謝料の金額は、婚約期間、交際の程度、婚約破棄の理由、支払う側の資力などが考慮されます。
一般的には50万円から200万円の間が多いです。


また、婚約相手が浮気をした場合、された側はその婚約相手だけでなく浮気相手にも慰謝料を請求できる場合があります。
そのためには、浮気相手が、交際相手に婚約者がいることを知っていた場合、そして肉体関係があった場合に限ります。

内縁破棄と慰謝料

内縁関係とは婚姻届を出していないだけで、実態として夫婦同然の生活を送っており、社会的にも夫婦と認められている状態のことを指します。
単なる同棲とは違います。


内縁関係は準婚姻関係として法律で次のような権利義務関係が生じます。
・扶養義務
・協力義務
・同居義務
・貞操義務
・日常家事債務の連帯責任
・婚姻費用の分担


このような内縁関係を解消することを内縁破棄、または内縁解消と言います。
内縁破棄は婚姻届を出していないので、自由に関係を解消することが可能です。
ですが、不当に内縁を破棄された場合、慰謝料請求が可能です。


代表的な内縁破棄の事由として、一方の貞操義務違反、つまり浮気があります。
浮気をされた側は、内縁の破棄を正当な事由として要求できますし、浮気をしたものに浮気の慰謝料を請求することができます。
また、浮気をした側からの内縁破棄の要求は正当な事由ではありませんので、された側は同意する必要はありません。


内縁破棄の慰謝料の金額は、内縁関係の期間、内縁破棄の理由、子の有無、支払う側の資力、社会的地位、年齢などが考慮されます。


また、内縁を解消する場合、共有の財産があれば財産分与を請求することができます。
これは不当な破棄であっても正当な破棄であっても関係ありません。


内縁関係解消の慰謝料は財産分与を含め50万円から300万円の間が多いです。


また、内縁の相手が浮気をした場合、された側はその内縁の相手だけでなく浮気相手にも慰謝料を請求できます。
そのためには、浮気相手が、他のものと内縁している事実を知っていた場合、そして肉体関係があった場合に限ります。




問い合わせ

 オフィスライト行政書士田中法務事務所
 106-0045 東京都港区麻布十番2-8-12-802 TEL 03-6453-9692
 代表行政書士 田中圭吾 携帯 090-7968-4802


 
ライトインターナショナルLLC  代表者 田中圭吾
 〒530-0012 大阪市北区芝田2-5-14 TEL 06-6377-1823
代表 田中圭吾 携帯 090-7968-4802


「浮気慰謝料問い合わせメール」 ← 浮気のご相談はこちらへ


または次のメールへ 
  right%international.jp(送る際は%を@にして送信して下さい。)